×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FUJICA 35EE

今回は FUJICA KLASSE というマイナーなカメラ...
メーカーはどういう意図で開発したのか、市場でははっきり言って受け入れ
られていないカメラです。確かにヘキサーやGR1なんかに比べると安い..
購入したときは、革製ソフトケースといかにも高級機ですヨ!と言わんばかりの
まるでロレックスのような重いハードケースに収まっておりました。

定価はなんと\77.000となってます。もちろんそんな価格で売ってる訳もなく
非常にお安く市場に出回っております。ヘキサーのようにサクサクとピントが
合っているようですがインジケーターが無い..これって致命的ですね。
(↑合点ランプは点くので何とか許してます)

下の画像の左は前部にあるマニュアルフォーカスダイアル(私は使わない)
右の画像は絞り優先ダイアル(これは使っても良いかも)
どうせだったらシャッター速度優先も付けて欲しかった

当時、ローライブランドでもまったく同じカメラ、レンズで発売されていました。
う〜ん、言われてみれば写りも似ているような...(涙
     

発売:2001年頃  レンズ:スーパーEBCフジノン38mm/F2.6 3群4枚

パッシブ方式オートフォーカス  撮影距離:0.4m〜∞
マニュアルフォーカスモード切り替え可能(10点切り替えで0.4/0.7/1/1.5/2/3/5/7/10/∞)

シャッター : AE電子式レンズシャッター(プログラムAE、絞り優先AE) 
バルブ、1/2秒〜1/290秒(F2.6時)、〜1/1000秒(F16時)


いつものように、稚拙な作例のページがありますのでご覧下さい。
近くの公園でありきたりな作例に付き、ご容赦下さい。