×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MAMIYA RUBY

毎度書きますが、当レストアページを参考にされるのはとても嬉しいですが、同じようにやって
カメラが壊れた等、の苦情はご容赦下さい。またSCRも結果オーライ主義なので王道から
外れた分解方法を平気で掲載していますので、高価なカメラを台無しにしないように自己責任で
レストアに励んでくださいませ。また、たぶんご相談にも応じられないと思います。

まずは軍幹部、露出計の動作不良と二重像が動かない問題を解決することにします。

軍幹部は、巻き上げレバー中央にカニ目ネジ、あとは巻き上げレバーをはずし、3本のマイナスネジを
取り外せば開けることができました。カニ目は右ネジ、ペンタのME系のような意地悪な設計はされて
いませんでしたが、開ける際にセレンへのリード線を切らないようにそっとネ!

各レバーを取り外したところ、各部に調整用のワッシャが入っていたりするので
メモるかデジカメ記録を撮りながら行きましょう。

露出計指針と合わせる機体側指針が見えなかったのは単に赤矢印のレンズ胴鏡からのギアと
緑矢印の被駆動側ギアの位置がずれている?為に起こった現象でした。
って、ことは?誰かの手が先に入ってちゃんと組み上げられていない事になります。
暗雲がたちこめて来ました。SCRもド素人ですがこういう状態のものがオークションで
流通しているのはもはや当たり前になってきたようですね。

露出計指針の不安定な動きは、どこぞのアホのへったクソな!半田が
ハズレかけていたためでした。なんか憂鬱になる瞬間ですね。
次は二重像が動かない現象です。

二重像が動かないのは鏡胴側から伝達されるレバーが上の画像の緑矢印のネジで
支えられているスライド棒が連動していなかった為です。
これも、ファインダーユニットをはずして2時間くらい悩みました。
単に、このネジを締めすぎていただけでした。何でこういう事しているのか
理解に苦しみました、というか前回バラした輩の程度も分かりました。
さて、お次はレンズのカビです。それは「その2」でネ