×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CHINON 35F

このカメラ、以前から気になっていたが手に入れる機会が無くそのままだったのが
出張先のPCでオークションに出ているのを発見!、意外にお安くGET成功でした。

送られて来た個体を見ると、変な音がする..何かが外れて遊んでいるような..
RF窓を覗いてピン!と来ましたミラーが外れてま〜す。輸送中の衝撃か何かで
とれて遊んでいる様子。これくらいだったら私でも治せます。早速軍艦部を外すと↓

なんとシンプルな軍艦内部でしょう、簡潔明快ですね
赤矢印のミラーが外れて下に落ちてました。早速両面テープで貼り付け
無限調整して完了!、他に不具合も無さそうなので早速ブラ撮りと
なりました。それにしても、シャッターを切るまでの手続きが煩雑でございます。
それにシャッターの衝撃が大きいのでスローシャッター手持ちは無理です。
純アメリカ産らしいとってつけたRF機構も泣かせます。
このカメラを構えたときの「押し出し感」はなかなかのものです(笑


ちなみに、レンズのシリアルNoで製造年が分かるそうです
ウチに有るのはESで始まりますのでE=4、S=7で1947年製と
なります。ってことは御年、57才であります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
C A M E R O S I T Y

実際1940年頃から生産が始まり、51年頃まで生産されたらしい

ステンレス製の巻き上げパーツやギア類、裏蓋に貼られたシール各部に
アメリカっぽい演出がなされて、なかなか雰囲気の良いカメラです。

レンズはもちろんノーコーティング、3枚玉で前玉回転式
Kodak Anastigmat Special F:3.5 50mm
シャッターはフラッシュマチックシャッターでB・1/10.25.50.100.200
シャッターはレンズ側にありレリーズは二眼レフのようにレバーを押すタイプ


さてさて、いつものように試写をご用意しました(撮り手の不出来はさておき)
3枚玉、前玉回転式、ですからまあこんなもんでしょうね