×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PETRI Color 35

前から欲しいと思っていたカメラが手に入った。仕事が忙しく撮ったフィルムをなかなか
現像できずにいたが、やっと現像することが出来ました。ペトリというメーカーは外観の
デザインが個性的で、前から気にはなっていたが、出回っている中古品は品質が悪そう
で、手に入れてもレストアする勇気もなく、そのまま使えそうな個体を探していた。
これもまた、例によってオークションで諭吉先生お二人くらいで我が家にお越しいただいた。
状態は、張り皮が剥がれ(きっと剥がした事があるのだろう)、フィルタ−ねじ部に当たりあり
の許せるジャンクとでも言いましょうか?中の下ランク品であります。露出計も動作している
ものの、我が家来て数日で突然ダウン、底蓋開けて接点磨くと復活というお年寄り。
その他、露出計がヘタっているのか、ASA100の時200設定で丁度いいくらい。まあ光学的、
その他機能はなんとか動作しているので許してしまったものであります。

特徴的なケース、まるでローライ35の様になっている。たぶんコンセプトは同じなでしょうか?
巻き上げレバーの手前に見える沈胴用のダイヤル、ゾーンフォーカスでありながら、
速写性はスポイルされている。(常に出しておく手も有りますが)
でもこのギッシリ感とユニークな作りは1台は押さえとかないと!と思わせる魅力あるカメラですネ。

ロ−ライ35と比較してもちょっとだけペトリが大きいだけですね。
シャッター速度:B・1/15秒〜1/250秒
電池:本来はH-C型水銀電池 LR44でOK
露出計は巻き上げ動作と共にON、シャッターを切るとOFF
なかなかニクい構造ですネ