×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大阪国際女子マラソン2008

真冬の大阪の風物詩的存在になっております「大阪国際女子マラソン2008」に
初めてカメラをぶら下げて行ってきました。マラソン撮影は限られたエリアでの撮影
なのと、意外なほど選手の速度が速いので..と言い訳しておきます(汗

機材 EOS1Ds SIGMA170−500mm5〜6.3
ISO800 RAWをPhotoshopCSで現像


1.ブルブル震えながら場所取りして待つ事数十分、このパトカーの
通過で本格的な規制が開始されます。応援の旗や手が選手に
触れると、その選手は失格になるというルールになっています。


2.注目のマラソン初登場の福士選手応援団、お揃いのジャンパーで
故郷の青森から応援に来られたとの事。


3.やってきました!トラックの女王と呼ばれた福士選手が
初のマラソン挑戦!、往路はこの通りダントツ1位で飛ばします。


4.この時はマフラーして走る位、余裕が有ったのですが...


5.こちら往路2位集団、競合がいつ飛び出すか
作戦を練りながらの状態ですね(10kmすぎ)


6.外国人選手の中にはipotを聞きながら走る選手も
(オーストラリア シップ選手)


7.競技の最後尾にはリタイヤ選手の収容用にバスが随行します。


8.私は知らなかったのですが、コース途中の随所にWCポイントもあるんですね。


9.さてさて復路は31km地点付近で待つ事に致します。


10.朝から曇り空で、雪も舞ってましたが、ご一行の通過時は
一転陽が差して気温が少し上がって来ました。


11.1位で戻ってきました福士選手!しかし往路の
明るさは消えてかなり苦しそう...


12.陽が差して気温が上がって来たのも計算外だったのかもしれないですね。


13.こちら復路2位集団、結果的に1位2位の選手が
しっかりココでスパートの瞬間を待っていたのですね。
(向かって左が2位の森本選手、ゼッケンNo3が
優勝のマーラ・ヤマウチ選手です)


14.このマラソンで過去数回優勝しているシモン選手
呼吸の乱れも無く、まさにプロですね。


15.女子マラソンのユニフォームは最近凄くカラフル
秋田出身の藤川選手、秋田美人ですね!


16.復路はipot止めた様ですね(笑)


17.どうしても自分の好みになってしまいます...汗
(グンゼスポーツ 小林玲子選手)


18.TV中継を見てると判らないたくさんの選手がたくさん走っています。
沿道で見ているとマラソン人口の多さにもビックリ!


19.寒い中、一生懸命応援!小さいときに見ると印象がしっかり残ることでしょう。(EF50mm1.8)

最後までご覧いただきありがとうございました。