×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

RICOHFLEX

RICOHFLEXは私にとって初めての二眼レフです。かなり前に何となくオークションで
落札してから、使わずに時々空シャッター切って遊んでいたものなのですが、この前
JFC会の大阪OFFの際にHIROさんが使っていた(あちらは高級機ローライですが)
のを見て、ふとウチにも有ったなぁって事になり、発掘作業開始で無事見つけました。

リコーのサイトで調べると、通称リコーダイヤという機種のようです。高級機からのスペックダウンと
簡略化でコストを下げた機種のようで、あんまりパッとしない機種のようです。まあ落札金額も
数千円であったことから、うなずける結論であります。なにはともあれ、初二眼レフでありますから
まず、フィルムってどうやって入れるの??、はっきり言って知りません(爆。この前買ったmamiya
645proも取説付いていたから分かったようなもので(汗... こんな時助けてくれるのがネットですね
ありました、JFCの大先輩kanさんのページに、機構は高級機のものですが、何となく分かりました。
しかし、下の画像の巻き上げ部分にあるノッチが引っかからずいつまでも巻けてしまいます。
ヤバイと察知!、いつものフィルム現像用ダークバックに入れてフィルムを取り出し、再挑戦!

なんとかフィルムカウンター「1」まで出すことができました〜。
丁度、天気が良く大阪市内に用事も有ったので連れ出して、家族の白い目にめげずブラ撮り敢行
いたしました。しかし、しかしカウンターが「7」を過ぎた頃から巻き上げが軽くなったなぁとイヤな
予感...。これって終わってる?さらに捲く、軽いさらに、どう考えても終わってらっしゃいます。
途中、やたら捲くのね?って思ったのですが、なんと120ブローニーフィルムで6枚撮り??
なんとバブリーなカメラ?違いますね!どっかおかしい訳ですね。あ〜あ、まあ初撮りですから
家に帰って、いつものように自家現像しました。結果はゲッ!!、コマ間が不揃いで凄く間が
空いてます。一部光線漏れも..光線漏れはモルト貼れば直りますが、この巻き上げって
なおるかなぁ〜   とジロジロ見てるとどうもカウンターユニットだけでこのアクションをしている
ようなのでバラしてみました。さてさて結果はレストア?ページでどうぞ。

当方にやってきたRICOHFLEXは正式には精工舎のシャッターが付いているので
リコーフレックス ダイヤMというもののようです。
シャッター速度1/300まで、リケン リコー80mm F3.5 3群3枚構成

それにしても、645は35mmを伸ばしただけっていうイメージですが、流石6×6は細密というか
初撮りはネガでしたが、それでも良さは十分に伝わって来ます。それにリコーダイヤって
けっこう良く撮れるとみました。費用対効果ではかなりのアベレージをあげたいですね。
でも、これでこれだけ撮れるならローライは?ってどんどん沼にはまるんでしょうね(爆

まともに撮れていたのが5枚だったのでそのうち3枚載せました。
毎度相変わらずの技量と初撮影ですのでその分割り引いて見てくださいませ
レストアは、レストアと呼ぶにはお恥ずかしいレベルです。同機種お持ちの
方は役立つかな?と思ったもので...